Just another WordPress site

必要なハンコの種類

会社設立に必要なハンコの種類

会社設立をするときにはいくつかのハンコが必要となります。会社にとって必要なものと個人にとって必要なものとがあります。ハンコを販売しているショップでは必要なものをまとめて販売していることが多いですから、最初に必要なものをそろえておくと良いです。
必要なものとしては法人印、銀行印、角印が基本です。会社としては、まずこの3つを購入しておくと良いでしょう。
法人印は会社の実印と呼ばれることもあるハンコです。会社設立をすれば、取引は会社として行うことになります。個人事業主の場合には個人として契約をしますが、会社設立をすれば会社として契約をすることになります。その会社としての印鑑が法人印と考えれば良いでしょう。会社が契約をすると言っても、実際に書面に署名捺印をするのは生身の人間でなければなりません。会社としての契約を代表して行う人のことを代表者と呼びます。株式会社なら代表取締役で、合同会社なら代表社員です。この代表者が捺印すると言うことから、法人印は代表者印と呼ばれることもあります。
銀行印は銀行に口座を開設するために用いる印鑑です。会社設立をすれば決済のために銀行口座を開設するのが普通です。そのために必要なものが銀行印です。銀行印は円形であることが多いです。
それとともに角印も必要になる場合が多いです。角印は領収書や請求書などに使うハンコです。合同会社を設立すればいろいろな企業と取引することになるでしょう。そのときに必要になります。
このように、会社設立をするときにはいくつかのハンコが必要となります。それとともに個人でも必要となります。個人では実印が必要となります。不動産の取引などを行う場合には実印が必要となりますからすでに作成している人も多いでしょう。
実印は、実印用として販売されているものを購入して、役所で登録しなければなりません。登録するためにかかる期間はそれぞれの役所で異なりますし、手数料も異なります。時間のかかる場合もありますから、会社設立をしようと思った時点で先に印鑑を作って登録しておくと良いです。早く登録しても時間がかかると言うことはありませんから、早めに登録しておく方が良いです。自分一人で会社設立する場合には自分だけで良いですが、出資者が複数いる場合などには、手続きが複雑になり、複数の人の印鑑登録が必要となる場合もあります。できればすべての出資者が印鑑登録をしておくのが良いと考えられます。