Just another WordPress site

設立をに必要なもの

会社設立をするのに必要なもの

一般意気には、会社設立をすることはかなり難しかったり、多くのお金が必要だったり、特殊なビジネスプランが必要だったりと思われているのですが、そのようなことはありません。会社設立をするのに必要なものは、印鑑と資本金があれば出来ます。以前はまとまった資本金が必要だった時もあるのですが、今は1円でも会社設立は可能です。これは、ネットの普及によって誰でも無料でネットショップを持てるようになっていたり、無料でホームページを作れたり、動画を作れることが出来るので、それだけ費用をかけなくても出来るビジネスが圧倒的に増えてきたといった現状を考えてのことでしょう。
書類として、会社設立に必要なものは定款といわれる会社の規則を記した書類が必要です。この書類の作成がかなり難しいと思われていることが多いのですが、実はそんなに難しいものではありません。今ではネットで無料でこの定款の雛形といったものが入手できますので、自分が会社設立をしたいケースと同じものを見つけてきて、自分の会社と違うところを直していけばいいだけです。会社名や住所、資本金といったようなところを直せばいいわけです。
そして、その定款はまずは、公証役場というところに持っていく必要があります。ここで定款が公の種類であることを認めてもらうわけです。定款に不備があればここで指摘してもらえるので、定款の書き方などで分からないことをここで教えてもらうというのもいいでしょう。特に初めて会社設立をする人にとっては、いろいろと分からないことであるでしょうから、ここでそういったことを教えてもらえると考えるといいでしょう。定款に不備があったからといって怒られたり、手数料が上がって利するようなこともありません。
そして、公証役場で定款を認めてもらえたら、それを法務局に提出します。ここで承認されれば、晴れて会社設立で出来たことになります。
これだけのことをすれば、いいだけですから、会社設立に必要なものは印鑑と資本金と手数料などの費用といったことになるのです。この費用は設立をする会社の資本金などによっても違ってくるのですが、およそのところでは40万円前後といったところです。
ほとんどの作業は定款の作成といったことのなるのですが、この作業を会社設立代行サービスに依頼をするといったことも可能です。そうすれば、いくつかの質問に答えるだけで、後は全部会社設立代行サービスがやってくれます。